画像、点数評価により、シンプルに漫画のレビューを掲載!少年漫画、青年漫画、少女漫画、百合漫画など多種類の漫画のレビュー、紹介サイトです。BLは..

Back to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』幼なじみvs”偽”彼女のハイテンション漫画 そんな漫画

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(1) (ガンガンコミックスJOKER)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(1)

(ガンガンJOKER)

原作;裕時 悠示

キャラクターデザイン;るろお

漫画七介

 

“両手に花?のらぶ×らぶ甘修羅コメディ、コミカライズ第1巻!
学校一の美少女が、なぜか俺の「彼女」に!?
それを知って、妹みたいな幼なじみのヤキモチが大爆発!?
俺は平凡で平穏な、フツーの高校生活を望んでいたのに
ど う し て こ う な っ た … ?
大ヒットライトノベルがコミカライズで登場!!”

 

値段 ¥590 画力 ★★★☆☆
連載状態 連載中 表現力 ★★★☆☆
ジャンル ラブコメ ストーリー ★★★★☆
形式 ストーリー漫画 独創性 ★★★★☆
ページ数 181p程度 キャラクター ★★★☆☆
文字数 普通 読みやすさ ★★★★★
主人公 男(中学生) ハイテンション ★★★★☆
既巻 1巻 総合評価 3.71


 

 



人気ライトノベル;”俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる”のコミカライズ! タイトル通り、幼なじみの奮闘日記です。

a

大ヒットライトノベルの漫画版!

小学1年からずっと一緒に居る、千和(ちわ)と鋭太(えいた)は立派な幼なじみ。

千和は毎晩、鋭太の家へ晩ご飯を食べにいく、活発な女の子。

その活発さは、彼女が学校でチワワという、あだ名がつけられるほど。

そして勿論、彼女は鈍感幼なじみ鋭太が大好き!

まぁ鋭太には、「恋愛対象にならない」と一蹴されますけど…

一方鋭太は、”恋愛”という物を憎んでおり、勉強にだけ精をだし、学年トップの実力を持つ友達が少ない残念な主人公……
学年トップのくせに、眼鏡かけてないとか…

そんな二人の日常は、突如転校してきた、銀髪の才色兼備、お嬢様、帰国子女というハイスペックな女の子によって大きく揺れる…


9年一緒の幼なじみを差し置いて、ハイスペック転校生に告白され付き合うことに!? それを取り戻そうと幼なじみが奮闘する!

b

 

その転校生は、勿論他の男子からモテモテ、すでに58回告白を受たらしいです(笑)

勇気ってか自過剰な男が多い学校ですねw 58回って58に何か意味があるのでしょうかね!?

そんな彼女は、鋭太くんに告白します!!

あなたにエロエロなの、あたなたがエロエロなの


なんか…この娘、言動がやたらと戦場ヶ原さん(化物語)に似てます…

それはさておき

ああぁ~いつもの主人公の特権MT(モテ)フィールド発動かと思いきや……

c

なんと嘘だそうです↑↑

彼女も主人公同様、”恋愛を憎んでいるよう”で、どこの馬の骨とも知らない輩から告白されるのはウンザリとのこと。

何か大きな秘密がありそうですね..


それで、主人公に”偽”彼氏になって欲しいと考え告白したということでした。

勿論、そんなこと言われて超美人女子高生の彼氏になる人は、この世界に居ないようで断ります。

しかし-----

彼女は何故か、鋭太の”厨二病”全開の日記を持っており、それを人質に鋭太に彼氏になることを強要します。

こうして二人は彼氏彼女の関係になるのですが…

そんな事に納得しない幼なじみは、何とか真涼{ますず(転校生)}に抵抗しようと奮闘します。


真涼は”クラブ”(部活)『自らを演出する乙女の会』(自演乙の会)を結成し、そこに鋭太と千和を入会させる。
そこで待ち受けていたのは、千和の”修羅場”だった


 

ih

 

自演乙の会の活動内容は、千和が頑張ってモテる女の子になろう~というものだった。

そのために、千和は鋭太の昔書いた
厨二病”日記の一節を再現するはめになってしまう。

厨二病”な事をすればきっとカッコイイっと言うのが、原理のようだw

単純な千和はそれを実演するが、無論それは千和がチ○イと間違えられるか、モテるかの紙一重な行動!そんな修羅場をどうくぐり抜けるか!? そんな予測不可能な漫画!!


(※
厨二病なことをしても、モテません。そんな気がするだけです。)

 


最後に…

作画は、コミカライズ一巻目の中では良い方だと思います!この巻の中ででも成長が見られるので、将来が楽しみです。

しかし、この漫画の特筆するべき場所は他にあります。

それは…テンポの良さです! 最初の方にも書きましたが、真涼のしゃべり方が戦場ヶ原さんに似ています。これが意味することは、”化物語”のようにテンポの良いトークやシーンがあると言うことです!

そのため非常に読みやい作品になっています!


おすすめ度<★★★☆☆>

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : おすすめ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
カテゴリー
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。